2018年11月13日火曜日

ロウヒールはもう履けない








昨日(一昨日)の今日なのでリアルタイムで綴ろうと思う。




一昨日は長野の安曇野で久しぶりにゲストでステージで出たが
その際に履いていたのが
本当にお気に入りで20年は履いている総刺繍(ゴブラン織り)の
ブーツだ。


私の代表曲の「ジプシーの名もない歌」を演奏するので
気分的にジプシーの気持ちのものをセレクトした。



演奏は楽しく勢いよく出来たのだが
何故か姿勢が決まらない。


何故か全体的に「私」がしっくりこない気持ちで
歩いているのだ。



そしていつも痛くない体の箇所が怠く
腰も鈍く痛いような感じがする。


何故だ?何故だ?と自分を追求したが

答えは1つ。






何だと思われますか?






寝不足?(確かに最近寝不足ではあった)

練習不足?(プロなのでまずはない)

会場や企画がいつもと違うから?(毎回違うし)

緊張から?(緊張すると私は眠くなる)

知らずに転んだのか?(もうそんなに深酒はしない)




自問自答したが



答えは





「ヒールの低さ」でした。






通常だと「ヒールの高さ」と答える女性が多いのだろうが
私の場合は「ヒールの低さ」に間違いない。

バックステージで、帰り道でそう確信した。





先ほどにも記したがお気に入りのゴブランブーツのヒールは
5センチほど。

物足りない体感を引きづりながら過ごす自分は新鮮だった。



ロウヒールとは腹筋も背筋も使わずに歩けるので
きっと便利なものだ。




しかし便利というものは必ず、体が、脳が、鈍るのだ。

そしてどんどん猫背になり首が前に出てくる。

まさに「鈍色(にびいろ)」な気持ちでいた。



自分の姿勢を持ち上げよう、持ち上げようとしていたが
本当に持ち上がっているのかさえも確信できず
過ぎてしまった時間だった。





そして身体がムズムズする。

「伸びたいよ、伸びたいよ」と細胞がワイワイと言っている念が
今すぐにでも口の中から出てきそうなのであった。





私は変わったな。と思った。











ASAMIさんのレッスンで体幹と筋肉が進化している真っ最中だからこそ
今、そう強く感じるのだろう。




ここ最近はステージで10cm以上のハイヒールしか履いておらず
気持ちも、体も上に↑ 上がる気持ちでいたが

それが一気に5cmもヒールがダウンすると
ここまで
「気持ちの違和感」「伸びたいよと細胞が叫ぶ」「体の怠さ」が
一気に来てしまうものなのだと昨日は痛感した。




人生は移り変わってゆくように

自分の良い「選択」も移り変わってゆく。

一緒にいる人も移り変わってゆく。

物もそう。

靴も、そう。





もう5cmヒールは履けないなと思った。

100%自分を演じるならば腹筋、背筋を、全身を使う
ハイヒールを選んで行きたい。



その方が背筋もシャンとする。


ハイヒールを履くと
音楽家としての腹式呼吸も、より芯がある腹式になる。

それは確かだ。




私はピアノに座って歌うので、立って歌うわけではないが
それでもハイヒールでピアノの椅子に座ると
姿勢も腹筋の使い方もハッキリと違う。

ロウヒールでピアノを弾いている時とは大違いだ。
例え、ロウヒールで呼吸や姿勢を意識していても
ハイヒールを履いている時とは比べものにならない。



言うなれば、ハイヒールは...美しい脚のコルセットのようにまで
感じる。







ちまたで言われるハイヒールのナンセンスなレッテルは
「本当のナンセンス」だと思った方が良い。


何故ならば、真のハイヒール理論や人体解剖学を通じて
歩き方を学ぶと体には良いことだらけであり

女性としての美しさへの意識も、より増して湧いてくる。


ASAMIさんのハイヒール哲学を通して、学び中ではあるが

ロウヒールは身体が保たない(もたない)ので
もう履かない。



心もムズムズしない、
イキイキと凛としたハイヒールを



人生に私は
選ぶ。





amitié




Le son de la Mer
海音







2018年11月10日土曜日

フランス人女性と日本人女性の美意識の違い



                                     (迎賓館)














以前、パリの音楽学校のオーディションの打ち上げで
あるフランスの大統領だった方の妹さんがいらして
(歳を召した私の大好きな友人の奥様だった)


私がワインを飲んでいると

「あなたの黒髪や黒い瞳が本当に美しいわね、羨ましいわ」と
褒めて下さった。



当時、私はまだ25,6歳だった。

素直に

「ありがとうございます。でもフランス人の金髪やあなたの
青い目は私には持ち合わせておりませんので羨ましいです」と
お伝えした所


そのご美しいご婦人は大そうご立腹で

「あなたのことを私は褒めてたのに、それが気に食わないというの?
私が嘘をついているとでも想っているの?」と残念ながらに
怒り出してしまった。



その事を、私は今も昨日のように覚えている。


彼女はその半年後に老衰で天国へ旅立たれてしまったが
ずっとずっと
心に残る思い出だ。




私は小さい頃から自分を持っていて
自分の長所や短所も知っていて
意見をハッキリと言える人間だったと思う。
だから周りは嫌われていましたね。




しかし、若くしてパリに生きて
また変な謙譲心と、自分を受け入れずに相手を立てるという事で
反対に相手を怒らせてしまった苦い経験の一つだ。


楽しい打ち上げの場だったが
空気が一気に変わってしまい、穴に入ってしまいたい気持ちに
なった事を覚えている。






そして私の庇護者でピアノの生徒であったユダヤ人のミッシェルは
口を酸っぱくしていつも言ってくれた。


「ミオ、これからの時代は女性はもっと強くしっかり自分の意見を
言わなくてはならないわ。特にあなたはアジア人だから母国では
そういう文化は強くないかもしれないけれど、本当にしっかり
自分の意見を持つのよ。もしこのパリで差別にあったとしても」




日本では男性に
「きつい、難しい、ハッキリしている、強い、わがまま」と
言われることも多々あるが、そういう見方は幼くナンセンスだ。

フランスでは一度も男性にそのようなことを言われたことがない。
















美白や、整形や、お世辞や、愛想笑いや、みんな仲良し、よりも

大切なことがある。



少なくとも私はそう思っている。





ちょっと陽に焼けて、好きな事をして、泣いたり、笑ったりして
着たい服を着て、歳だから服はこの色だ、なんてつまらない事を言わず




アラフォーやアラサーの意味もよく分かってはいなかったが
(今はわかるが)

〜系とか、分類するよりも
自分が何者か、分かって
自分の意見を言えるだけで良いのでは。



ちなみに、自分は宇宙の塵、くらいに思っている。
これは素晴らしい事で
宇宙の小さな一部で

「音楽が好きな、気まぐれ」な宇宙の塵なのだ。






フランスの女性は「自分の美しさ」を本当に大切にしている方が
非常に多いのではないかと察する。

その上で「他の人もリスペクトする」



それにフランスでは
自分のことを「ばか」ですからと言ったものなら
「この人、本当にばかなのね」と本気で思われるので
そんな自分を卑下しない。





日本人女性とフランス人女性の美意識の違いはありすぎるので
反対に「同じ」を見つけることが難儀に思う。



どちらも比べることではないくらい
違いすぎるから面白い。



5年前に日本に帰ってきた頃は
日本語を話しながらフランスのジェスチャーを無意識でしていたら
友人に笑われ

今は笑うときに口に手を当ててしまう癖がついた自分に
笑ってしまう。





ただね、やはり美白とか年相応とか仲良しグループとか
昔から興味ない。






そういうのはつまらない。







面白いのは
自分を生きることだけだ。




誰とでも仲良くする必要はないし
何歳だからこれ、とか
過剰な美白とか





それよりも自分の心と仲良くし
何歳であっても好きな服や、したいことをし
心を真白にして


自分の言葉で生きたい。





Le son de la Mer
海音






追伸 明日は急遽ゲスト出演が決まり朝一で安曇野へ。




☆お知らせ☆
「千葉海音インターネットライブ」ご興味のある方は是非どうぞ。
11月18日(日)20時、11月27日(火)20時
ミュージックチャージ 1,000円

こちらから☆


☆お知らせ2☆
現在、インスタグラムを一般公開中です。
普段は非公開ですので、もしご興味がございましたら
遊びにいらして下さいませ

Instagram








2018年11月5日月曜日

我以外皆我師











前回のブログで告知いたしました「千葉海音 インターネットライブ」への
お申し込みをどうも有難うございます。

ご興味を持って下さり本当に嬉しいです。


ご返信が遅れておりますことを
お詫び申し上げます。

近日中にご応募して下さいました皆様に
返信いたしますので今暫くお待ち下さいませ。






私事ですが
今朝はなんとも、嬉しく懐かしい「お声」から連絡がありました。

フランスからの私の「代母」であるシトロエンさんから。


世界でも有名な自動車会社のシトロエン。
その一族に嫁がれたパリで生きる美しい日本人女性で
旦那様は素晴らしい画家でございました。




5年半ぶりの再会は本当に幸せで、本当に嬉しく
胸が踊ります。


今週にでも、すぐに逢いましょう!となり
シトロエンさんはお忙しいにも関わらず
お互いに逢える日がすぐに決まってしまうのです。


それは、やはりご縁があり、繋がっているから。
それにシトロエンさんの日本での滞在先が近所であることも判明し
何も言わずとも、驚く繋がり様です。





必要な方とは

何年後でも、どこの国に生きていても、環境が変化しても

必ず、逢えるようになっている。



ASAMIさんとの再会も本当に、そうでした。




久々にお逢いする時の姿勢。






あれから色々あり私も変わっていった。
だけれども




「相手をリスペクトする真心」と「今の私の姿勢」を大切にしよう。



そう思えるのでした。





私の生きる姿勢



それはずっと昔から、何にも紛れる事なく
「音楽」です。



しかし以前にも綴りました様に
「自分の生きる姿勢」は定まっていたにしても
「ピアノに向かう」または「日常で歩く」「書に向かう」時々の
姿勢を誰も注意してくれる方はいませんでした。


唯一、ASAMIさんとピアノのお師匠様だけです。

















さて
本日のブログの題名でもある「我以外皆我師」は深くそう共感。

こちらの言葉は宮本武蔵を書かれておられる作家の吉川英治が
その著書の中で綴った言葉である。



思えば、
赤ちゃんは親を
子供は環境、友達や先生や自然から
大人はより広く知人から世界の人々や....


どんどん視野が広くなってゆく。



素敵な人を見ると、優しさに触れると、知識に驚くと、美しさを見ると
なんとも言えない音に出会うと...

ああ、私もそういう風になりたい、したいと喜びが湧く。


しかし、そうではない人に出会ったり、見ると


「ムムム」と思う 笑



口には出さないが
その場を離れるか、もう会わないか、....その方と過ごすその場面を
なるべく避ける様にするか.....




私がよく見るのは
目線、姿勢、食べ方、歩き方、人への態度(お店やレストラン、電車の中等)


一見、どんなに素敵な方(男女問わず)だと思っても
「これは、ないな」と小さな一つがあると
多分、次はない。



だからこそ、「人の振り見て我が振り直せ」なのだ。
はて?では自分はどうであろう?と。


例えば....女性に対する上から目線。スープをすする音。
カフェで周りを気にせず大きな声で喋り続ける人。

きりがない。



私はどうだろう?



だからいつも姿勢を正し「洗練」された人でいたい。




姿勢を気をつける時。
生きる姿勢を気をつける時。



それは、いつも!

いつも誰かに見られていると意識しながら生きる。



そう言えば、
ASAMIさんにピアノに座る際に猫背になっていますよ、海音さん。と
さらっと言われた。




そうそう、やはり気が抜けている。


音楽への姿勢は定まっていても
まだまだ私の「姿勢」はこれからなのだ。



今はピアノのお師匠様、亡き後に
私の隙を鋭く軽やかに、ASAMIさんは言って下さる。



前進あるのみ。


いつか「洗練」についても綴って見たくなった。




Amitié



Le son de la Mer
海音







2018年11月2日金曜日

ライブ告知「千葉海音 インターネットライブ」








この度、ライブを始めてインターネット(Skype)を通して
行うことに致しました。


私にとりまして初めての試みであり
実験でもあります。

かなりのアナログ人間の極みと言えそうな人間ですので
どうなるのか楽しみです。



ただ音楽家としてMacで、
どこまで音質が良くリスナーの皆様に私の作品を届けられるか
気になる所でもあります。







現在、関東のコンサートではミュージックチャージが
4,500円〜5,000円としております。

今回、初回で実験的と考えておりますため
初回価格1,000円でのご提供と致します。(ライブ時間 : 約1時間)


そしてライブ後にブログ内「連絡フォーム」より
ライブのご感想及び、ライブの音質についてのご感想を
お願い出来る方。




かなり今後の参考となりますので
どうぞ宜しくお願い致します。



Skypeのダウンロードはこちらから









『詳細』



〜千葉海音 インターネットライブ 第一回 「秋、東京」〜



♪日にち 週末の部 2018年11月18日(日)20時より約1時間


     平日の部 2018年11月27日 (火)20時より約1時間


♪場所  Skype(スカイプにて)皆様のご自宅で

♪ミュージックチャージ 初回限定1,000円

♪お支払い方法




1. 日本国内で参加ご希望の方
 
ブログ内の『連絡フォーム』より
☆お名前 ☆週末、または平日の部どちらに参加か
☆ご連絡先(メールアドレス)をご記入の上

こちらの口座にお振込下さいませ。

    週末の部11月18日(日)にご参加の場合、11月15日まで
 平日の部11月27日(火)にご参加の場合、11月22日までに

ミュージックチャージ1,000円を『銀行振込』にて
お支払い下さいませ。


Skypeの詳細は折り返しご連絡いたします。




***
三菱UFJ銀行 名古屋駅前支店 普通 0244999
千葉海音
***





2.海外在住で参加ご希望の方


ブログ内の『連絡フォーム』より
☆お名前 ☆週末、または平日の部どちらに参加か
☆ご連絡先(メールアドレス)をご記入の上


    週末の部11月18日(日)にご参加の場合、11月15日まで
 平日の部11月27日(火)にご参加の場合、11月22日までに
『Transfer Wise日本銀行』にてお支払い下さいませ。




送金に関しましては
頂きました連絡フォームより
折り返しお振込の詳細をお送りいたします。






<注意事項>


手数料はお客様のご負担となります。
決済と同時に予約が完了となり決済後の返金は致しかねますこと
併せて、ご了承くださいませ




Le son de la Mer
海音









2018年10月28日日曜日

生きるとは








「生きるとは」






私にとっては天の北極ポラリス




「北極星」である。







「生きる」とは

私にとって常に「北極星」のことである。






凍てつく氷のような瞳の季節の色も
煌々と輝き続ける季節の色も

まるで人の人生を表しているようだ。







厭、むしろ私が北極星のよふに生きたいだけである。



私の作った歌にも一番星と北極星は孤独と人生の道しるべ、
孤独の中の友人として出てくる。






誰の周りも回らずに
常に同じ場所(心の場所)があり

凍える日も、蒸せ返る日も
そこに在る。



己が授かった光を放ち続けているだけである。






ただそれをするのは、

人生における湾曲の中で
し続けることは



生半可ではないだろう。




北極星であり続けるために

私はいつも自由人で努力家で優しさを持ち

持ちうる全てを音楽や美を通して表現する。







そして時に風のよふに、道化師のよふに
戯(おど)けては、知らんぷりをして





時と時のはざま

音と音のはざまを

私は踊るのだ。






それが人生だ。








北極星のよふに、いつも自分という場所を知り

風のよふに、いつも自由に季節を友とし

道化師のように、水面の自分を覗き....己の顔を見つめるのだ







それが私の人生に似合っている。





読んでくださり

どうも有難うございます。




心を込めて。




Amitié





Le son de la Mer
海音








2018年10月27日土曜日

ハープと毛玉と猫








それが私にとって基準である。


いつか文面にこの言葉を描きたい(えがきたい)と思った。


何故なら非常に大切なことである。


それは生活の基準であるから。




ハープは自分への慰めのためにパリで趣味として始めた。

毛玉はエレガントでは無いが
(間違ってもエルメスのカーディガンには毛玉がならないし)笑





この「ハープ」「毛玉」は大きく共通している部分がある。

「夜な夜な」、「空いている小さな時間」、「黙々と」




私には譲れない大切な生活のものだ。

生活の基準、
それはこの「ハープ」と「毛玉取り」が出来ない日びと言うのは
心に余裕がないか、自分らしく生きていない時。




何にも変えがたい時間だ。












埃まみれになったハープや
毛玉だらけになった娘の着るもの、私の着るもの



眺めて「いる」時、「いた」時。



いつも人生に波がある。





今はどちらか、分からない。





ただ、「ハープ」と「毛玉」がいつも基準で
死ぬまで変わらないと思う。


意識していなくても


この二つだけは。



















最近は愛猫の認知症が進み

老猫特有の耳をつく、なりふり構わずに朝も晩も金切り声で叫び散らす。

老いは仕方ない。




耳が神経質な私は睡眠も多く出来なくなり

切ない気持ちになる時が本当に多くなった。


しかし16年前と変わらず可愛いし、より可愛く宝物であることは
変わらない。


誰よりも長く一緒にいる子だから
私が出来ることすべてをやって行きたいと心に確認する。


お世話になっている動物病院にも
もし(認知症が)難しくなったら言ってください。と言われた。


難しくなる時、それはいつなのだろうか。






私は鷹匠にも花火師にも音楽家にもなりたかった。



時間は有限の中、朦朧とすることにより
自分を思い出し
時を駆けるのだ。




Amitié






Le son de la Mer
海音







(Hiver à Paris et mon chat en 2010)




2018年10月17日水曜日

スピリチュアルTV出演のお知らせ










明日18日(木曜日)20時より22時まで

スピリチュアルTVにゲストで出演いたします。

トークが主にですが、もしかしたら少し歌うかもしれません。

もしご興味のある方はご覧になられてみて下さい^^

古民家の日本的なお部屋からのインターネットTVになります。



パリ時代にBashar(バシャール)を知り、フランス語で本を読み漁り
日本でkobashar(コバシャール)さんに出逢いました。




kobasharさんはシンプル過ぎて深い宇宙人です。

多分、日本に来てから....生きて来た経験や不思議なこと、音楽...

そして今のことを少し話すのかしら。

未知ですがお楽しみに。



スピリチュアルTV









少し東京を離れます。

生まれて初めて岐阜県へ行って参ります。

未知の土地はワクワクします。




娘を連れて本業が出来ることは、本当に幸せです。



心を込めて。


Amitié.



Le son de la Mer
海音